注文住宅づくりで後悔しやすいポイント!?収納と住みやすさの関係

注文住宅づくりで後悔しやすいポイント!?収納と住みやすさの関係

便利で住みやすいリビングを目指そう

リビングは家族全員で過ごすことが多く、モノが増えやすい傾向があります。リビングで快適に過ごすためには、十分な収納場所が必要です。衣服や日用品などをまとめて収納できるスペースがあれば、部屋をすっきりとさせられるでしょう。注文住宅づくりで失敗しがちなポイントに収納スペース不足があります。生活スタイルに応じて収納場所とスペースを決めていく必要があるので王道はありません。住みやすさに直結する問題なので、注文住宅を建てる前に十分な検討が必要です。家族の行動パターンをシミュレーションしてみて、どの場所が散らかりやすいのか考えてみましょう。

利便性を考えて収納場所とスペースを決める

リビングは余裕を持ったスペースを確保しましょう。快適な生活のためには、畳にして2~3畳ほどの収納スペースが必要だと言われています。少し広いと感じるくらいがちょうどよく、これは長年生活することでモノが増えてしまう可能性があるためです。最もスペースに影響するのは人であり、これは人が増えるほどモノも増えるからです。

玄関の収納スペースを広くしておけば、玄関で衣服を脱いで部屋に入ることができます。部屋で衣服を脱ぐという方だと、花粉やウイルスを持ち込んでしまう可能性があります。玄関に衣服を保管しておくスペースを用意しておけば、部屋が散らかるのを防ぐことにもなるのです。注文住宅づくりでよくある後悔は収納場所とスペースの問題なので、家族全員で施工会社と話し合いながら詰めていく必要があります。

東京の注文住宅を利用する際にサポートが充実しているところが多い為、予算なども含めて自分の意見をしっかりと伝える事ができるところが多いです。